Apple Recustomer

Apple製品やmacのカスタマイズ、修理、改造、リサイクル

はじめての低温調理 ヨーグルティア – Apple Recustomer

はじめての低温調理 ヨーグルティア

投稿日:2016年9月1日 更新日:

  • 低温調理   1ヶ月ほど前にネットで知った調理法

常より、生食を好み、肉のレアな食べ方をしたいと思っていたが、生では食べれないことはなんとなくわかっていた時に辿り着いたのが低温調理

コレだ❗️と思い色々調べて遂に実践へ

まずは低温調理(真空調理ともいうらしい)に必要な保温できる機材を選ぶことに
やはりここはお試しスタートなので本格的なものがあることはわかったが手頃なものを選択

そこでヒットしたのが

  • TANICAのヨーグルティア

お名前のとおり、ヨーグルト製造機器だが、これがなかなかの優れものらしく、巷では低温調理に使われている事を確認できたのでこちらを選択❗️

さらに運が良いか悪いか、丁度、ヨーグルティアが最新モデル発売時期のようだ❗️

フルモデルチェンジという感じではなく、マイナーチェンジという感じ、iPhone6からiPhone6sへみたいな感じなのかな??

スポンサーリンク

現行モデル ヨーグルティア YM-1200と最新モデル ヨーグルティアSの違いをチェック

  • ブザーが鳴るようになった
  • コードが巻き取れるようになった
  • 蓋が変わった
  • カラーが一色増えた
  • パネルデザインが微妙に変わる
  • 設定温度が25度〜65度から25度〜70度対応へ
  • 設定温度までの到達時間短縮
  • 設定温度のキープブレ幅が±7度から±3度

などなど

あまり大したことない内容かと思いきや、最後の設定温度のキープブレ幅の改善は低温調理でかなり重要な気がする、したことないけど、、

これらをふまえ選択肢は2つ

  1. ヤフオクで前期モデルの中古が5000円前後の相場
  2. 新機能付きの後期モデルが新品で倍の価格

いつものビンボー根性なら確実にヤフオクで前期モデルをより安くGET❗️のはずだが、これまた、たまたまいつもならど〜でもいい誕生日が近いことを思い出し、嫁にダメモトでねだってみると以外と

✨すんなりオッケー❗️❗️✨✨

 

即ポチ

来ました来ました

image

思ってたよりちっさい、、

image

何はともあれ実践開始❗️

冷蔵庫を物色すると鶏胸肉とササミを発見❗️❗️

image

解凍開始〜

第1回はシンプルに塩胡椒のみ

そして設定温度と時間は

62度で2時間!!!

ググりまくって僕がだした最善の数値

根拠はほぼ無し!!

  • 解凍
  • 塩胡椒
  • ジップロックへimage
  • 沸騰したお湯を止めてその中に1分
  • 60前後のお湯をヨーグルティアに入れてその中に入れてスタート
  • 出来次第冷蔵庫へimage
  • 熱がとれたら完成❗️

そしてこの瞬間が来ました

カットしてみると

image
、、、、
ほぼ真っ白、、

食べてみると
、、、、
悪くはないけど飛び上がるような衝撃は無し、、

一回目なのでヨシとしよう

さてと、研究開始ですな

(Visited 533 times, 1 visits today)

-低温調理部, 食部
-, , , , ,

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

えごま焼酎

庭のえごまが伸びすぎている、、 ついでにシソも、、 シソは料理に使う頻度を考えるとこれくらいあってもよさそうだが、えごまはいくらなんでも使い切れない 去年も同じくらい育って種を採取したが、キレイに精製 …

ブライニング+低温調理で鶏胸肉を最高級に仕上げる

低温調理を知り、色々試行錯誤したり、ネットで調べたりしているうちにまたまた聞き慣れない言葉がでてきた、、 ブライニング 長年、生きてきた中で聞いた事も無いような言葉、、 とりあえず調べてみました ブラ …

玄米麹の作り方

玄米で玄米麹の作り方

目次1 ついに玄米麹できました1.1 今までの失敗を経て1.2 それでは行程箇条書き ついに玄米麹できました 実は前回の失敗から2回目ではなく、実はもう一回、微妙に失敗を経て3回目の挑戦にて玄米から玄 …

イカのこのわた燻製

突然、思い出したように挑戦してみました イカのこのわた燻製と書くと、普通にイカの身にこのわたを塗って燻製するのをイメージしてしまうがそうではなく、イカのこのわただけを燻製してみました スポンサーリンク …

ゴリ ヨシノボリ

ゴリ、ヨシノボリの下処理 食べ方 レシピ

毎年恒例行事になってきた小鮎釣りに今年も琵琶湖に行ってきました 本年2017年は今までにないくらいの小鮎の減少がニュースでも話題になるくらいの少なさだということはわかっていたが、それでもやっぱり行って …